塗り替えタイミング

こちらでは外壁の劣化症状を紹介していきます。以下に記載していますので、どうぞご覧ください。

まずはチョーキング。壁を手で触った際に、白い粉が付着したことはありませんか?

こういう場合は、塗装が劣化しているサイン。チョーキング現象と呼ばれるこの症状は、雨風や紫外線によって塗膜が分解され、粉状になっている状況です。すぐに何かトラブルが起こるというわけではありませんが、塗膜が劣化して防水性が失われつつある状態ですので、塗り替えをオススメします。

その外壁の劣化症状を放置しておくと、外壁にひび割れや歪みが発生し、その隙間から雨水などが浸入してしまいます。さらに劣化が悪化すれば、外壁の補修に多額の費用が必要になる場合も避けられませんので、できるだけ早くご連絡ください。

次にクラック。お住まいの外壁にひび割れを見つけたことは、ありませんか?

これはクラックという症状です。クラック(ひび割れ)は、外壁に振動や突風などで繰り返し負担がかかることで発生してしまいます。外壁にひびが入ってしまうと、雨水や湿気などの水分が入り込み、下地部分まで到達。そうするとダメージが建物内部に蓄積されていきます。大きなひび割れのみならず、爪先が入らないような細いものでも油断はできません。

建物内部に水分が浸入すれば、昼夜の寒暖差などで凍結・膨張を繰り返し、ひび割れを内部から広げてしまいます。そうなる前に、早急に私たちへご連絡ください。ひび割れを初期段階で食い止めましょう!

3つ目が汚れ。サビやコケ、カビなどの汚れを外壁で発見したことはありませんか?

塗膜の防水性・抗菌性が失われると表面に水汚れが溜まりやすくなり、コケやカビの原因となります。とくに日当たりの悪い箇所で発生しやすく、またサイディングボードなど凹凸の多い外壁材でも注意が必要です。

長期間湿気にさらされ続けた外壁や屋根は、強度が落ちます。ですので外壁に少し力を加えただけでも、表面がボロボロと崩れかねません。汚れは美観を損なう以外に、とくにコケそのものが水分を多く含むため、外壁の劣化をさらに加速させてしまいます。「単なる汚れ」で放置してはいけません。

4つ目が塗膜の剥がれ。塗膜が剥がれているなら、外壁からのSOSサインと捉えてください。

塗膜の剥がれは外壁を守る表面の塗膜が無くなっているため、たとえわずかな雨水でも簡単に外壁内部へと浸入してしまいます。この状態だと塗装や部分補修では補いきれません。部材の交換や念入りな下地補修という方法をする必要があります。こうした状態に陥ってしまう前に、早めの塗り替えを行いましょう。

外壁塗装を放置すると、その劣化症状を直すための追加工事が必要になってきます。その追加工事の費用などを合わせると、膨大なコストになる可能性が出てきます。

そうならないために、定期的な塗装工事を行い、余計な費用をカットしましょう。

最後は雨漏り・壁のシミ。天井に雨漏りのシミを発見したことありませんか?
天井や室内の壁紙にシミが出ている場合は、早急にご連絡ください。雨漏りは塗膜の劣化から外壁材や屋根材が劣化し、雨水が内部に浸入し、室内まで到達してしまったために起こる被害です。この場合、建物内部の躯体まで劣化している可能性が大いにあるため、塗装工事だけで回復させることが難しい状況でしょう。そうすると、大規模な修繕が必要となってきます。

こうなる前に塗膜の劣化に気付き、対処しておくのが理想。上記で述べたような外壁劣化症状を調べ、大規模な工事が起こらないよう、事前に定期的なメンテナンスをしておくことが大切です。

セルフチェックでもわからない場合、ぜひ私たちへご連絡ください。